反省および謝辞的な何か。

ゆーまんです(*・ω・)ノ

来年1月のスケジュールが出まして。

どうやら、新年早々から殺人スケジュールが2月頭まで続くらしいので、

おそらくゲームをする時間があまり無くなってしまいそうな感じです。


あ、でも2月に入ったら少しらくになるかなぁ。



鬼、大爆笑のなか、本日は、ずっと逃していたクエスト「運命の囁き」のレイドに参加しました!


レイドを3体倒す事から始まるクエストですが、仕事で時間の都合が合わず
私がずっとレイドいけない~ってゆってたら、同盟のみんなが主催してくれました!

めっちゃ感謝です。





■まずはカブリオ様

c0229094_2332420.jpg



よく考えたら墓地でモンスターを殺すってすごいよね。
c0229094_2411045.jpg




誰一人傷つくことなく、討伐終了!


討伐が終わると箱が出てくるので、それをタッチすることで、クエストが進みます。


箱をタッチして、クエ対象者の人はNPCにあってクエを進めてください。



ってことで、NPCに会いにいきます。


もちろん、運命の囁きが開始してすぐですから、クエストをもらったNPCに会いに行けばOKです。



帰還でアデンに戻って、オーレンに飛んで~。オーレンの近くの小屋にいるNPC・・・。




迷子!



あぅ~。こんなところで、得意の方向音痴のパッシブスキルが発揮されてしまうとは・・・。







必死で探しますが、どこにいるのか皆目検討もつきません。







焦って、クエストを読み直しますが、全然頭に入ってこない。






右から左に受け流していく感じ?(古







あまりに焦り過ぎたのでもちろんSS何て撮る暇なんて無く。







ただただ、申し訳無い気持ちで自分が迷子であることを告げ、


どこに行けばいいのか同盟の人に聞いてみると




「GK使って飛んで!」





ということでオーレンからスカイシャドウメドウに試しに飛んでみる。






全然違うとこでた。










やっぱりねっ!







やっぱりねじゃねぇ。ていうか、なんで そこに飛んだ?私。




同盟チャットや、PTチャットでは、なんだか残念な空気が流れます。







「またアイツかよ・・・。」(実際には言われていませんが・・・w)








ちがうっ!


なんか、今日、焦っているだけだから!!



ぼろぼろ泣きながらオーレンの町をうろうろしても何にも浮かんでこないっ。













あぁっ、神様。ソロが楽しくないなんて思ってしまってすみませんでした。



もう、ずっとソロで、誰にも迷惑かけず生きてゆきます。
(ゆーまん著 贖罪の手記より抜粋)













なんてなちょっとした引きこもり気味になったところで、ふと隣をみるとPTに参加していない
裕希ちゃんがいるではありませんか。
















「ついてきて!」











なんて頼もしい言葉でしょう。






こんなにもロックで、カッコイイ、イカス台詞を未だかつて聞いたことありません。





同盟チャットでおろおろしている私を見かねて、わざわざ来てくれたのでしょう・・・。






もう、裕希ちゃんにメロメロです。





「あぁっ女神様っ!」






しかし、恋をしている場合ではありません。


一刻も早く、NPCに会って、次の集合場所へいかなければっ!!



私の思考回路はオーバーフロー。



懐かしのBlasterウィルスに感染したかのように、脳内のコンピュータシステムは再起動を促します


そこへ、部屋のノック音。


母親でした。


「ごはんくう?」


「ごめん、今迷子だからそれどころじゃない。」


「・・・?」




ごめんなさいおかあさん。私は、なんだか部屋の中で迷子になってしまう子に育ってしまいました。

老後は面倒見るからね。





なんだこれ。






仮想と現実と、母さんの老後を心配しながら頭をよぎるのは再起動のメッセージ。





単純に裕希ちゃんについて行くという単純作業も出来ず、思いがけない前衛的な方向へ走り出す私。



あたらしいねっ!



あははははは。





ああっ、いけないっ、裕希ちゃんについて行かねば・・・。ついて行かねば。



呆然としながら裕希ちゃんへついて行き、何とかNPCへ。



ああ・・・。とても近いんだね・・・ここ。




裕希ちゃんに脳内を悟られるのが怖くて、へらへらする私。


大丈夫か?お前。





たぶんね、客観的に見たら。そうとう怪しかったと思う。私・・・。


それでも、裕希ちゃんは優しく、「少しでも手伝えて良かった。」なんてゆってくれるモンだから。


恋の弓矢がショットガンで何発もブチこまれる感覚が全身を襲います。


はぁん!



何言ってんの?
この人?





そんな中リーダーLisaさんから、PT全員へ指示が・・・。


「一人、迷子なのでしばらくお待ちください。」





あぁん!帰還する!




急いで、帰還して、GKで移動して傲慢へ。


大丈夫、傲慢は何回も来たから、迷うはずがない。


ただ、階段を上がるだけじゃないか。


GK飛んでまっすぐ行ってす左に階段が・・・。



ねぇえええええええ!!


すかさず春歌さんからWIS


「あのさ、迷子って、ゆーまん?」



そうですともっ!私です!すみません。



もう、階段すらわからないよ。



でたらめに傲慢をぐるぐるしていると、階段がっ!




習ったばっかりの変身で少しでも早く走ろうとします。




c0229094_433338.jpg




もう、ここまで来れば手順はわかっています。


あとは、同じようにはしるだけっ!!



すると、2Fあたりで今度は、前方から同じくPTに参加していない








AlpenFloraさんがっ!








正直、階段を下りてくるAlpenFloraさんを見つけたときは、声を出して泣きました。







あ、ごめん、言い過ぎた。今のウソ。






でも、緊張の糸が切れたかのように、自然と涙が出てしまいました。





泣きすぎだな。お前。






ってか





どんだけ同盟の方々に迷惑をかけるんだ。ぶーまんよ!!
(※ゆーまんです。ぶーまんではありません。)





ということで、無事に合流し、なんか、


コイツと
c0229094_434444.jpg


コイツを
c0229094_4341680.jpg


倒して、無事に終了となりました。






ブログでは冗談半分でしか、表現できませんでしたが。



とても反省しています・・・。






もっと、下調べしておけば良かったなぁ。




ただでさえ、ねじが一本とれてるんだから。




ご迷惑をおかけした皆様。申し訳ありませんでした。



どこかで見かけたら、馬鹿なヤツと思ってわらってください。



次回はちょっと進化して、Blasterじゃなく、Sasserにかかるくらいの成長を見せていると思われます。




こんな場を作ってくれた、加奈花さん、このちさんLisaLoebさん、


そして、心配してわざわざ高いGK代を払って来てくれたお二方・・・。ありがとう。





イッパイ恩返しするからね。





その後、Alpenさんと、なこちゃんで続きの布染めのクエストを手伝ってもらいました。


c0229094_434292.jpg



遅くまで、ありがとね。






おまけ


c0229094_43441100.jpg


食べられました。
[PR]

by aaiebakou | 2009-12-16 04:36 | L2